2010年03月24日

<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)

 岡田克也外相は18日夜、フランスのクシュネル外相と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談した。イランの核拡散問題について、岡田氏は「4月から日本は国連安保理議長国として重要な役割を果たす。安保理で(制裁を)決めれば実施をちゅうちょしない」と述べ、イランへの新たな国連制裁を主張する米仏などに理解を示した。

【関連ニュース】
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける
岡田外相:ハイチ訪問へ 3月20日に被災地を視察
普天間:政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
岡田外相:元駐日中国大使の王毅氏と会談 台湾政策で議論

看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)
<北教組事件>党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
水俣病、和解案受け入れ=熊本地裁未認定訴訟で−政府(時事通信)
posted by ハヤサカ クニオ at 07:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。